脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症 歩くと痛みが出てきて休むと痛みが引く

海老名市,整体,鍼灸,厚木市,座間市,綾瀬市,藤沢市,大和市,肩こり・頭痛,腰痛,膝痛,ヘルニア,坐骨神経痛,ギックリ腰
64歳 女性 ヘルパー

■いつから症状がではじめたか
1年前から

■どのような症状か
疲れがたまった時や、立ち仕事で痛みが出る。
うづくような痛みや神経に触れたような何とも言えない痛み。
一番ひどいときは1歩が前に出なかった。
座ったり、横になると痛みは引く

■治療の内容と結果
腰の筋肉が硬くなっていて、背中をまっすぐ伸ばせないような状態で、
股関節周りも硬くなっていました。

まずは、腰と骨盤のバランス調整+筋肉をゆるめました。
背中は少し伸びるようになりましたが、
背中を伸ばすと痛みが出る状態です。

脊柱管狭窄症の場合1回で背中を戻しすぎると痛みが強く出る場合があるので
初回は自宅での体操を指導して、これで終了。

2回目、動きやすくはなっているが痛みと痺れはまだあるとの事です。
3回目、施術後に痛みに少し変化が出てきた様子です。
5回目、仰向けで腰を動かしても痛みがなくなりました。

10回目、たまに痛みは出るが、ほとんどの日常生活が出来る状態に回復
その後は、再発予防のため加圧トレーニングのコースへ変更を希望されましたので
加圧トレーニングで腰や背中を鍛えて痛みの出ない体に整えています。

今回は、施術の効果と自宅での体操の両方を頑張られた結果だと思います。
ペインクリニックや薬でなかなか治らなかった脊柱管狭窄症でしたが
自由に生活が出来るようになって本当によかったですね。






a:43 t:1 y:0